会社案内

■会社概要
会社名 大三紙化工業株式会社
所在地 埼玉県北葛飾郡杉戸町深輪229-4
(深輪産業団地内)
業 種 紙管の製造販売
設 立 昭和42年4月3日
資本金 50百万円
株 主 田中紙管株式会社(85%)
株式会社GSIクレオス(15%)
役 員 代表取締役会長 田中 則男
代表取締役社長 田中 誠司
専務取締役   鷹羽 重雄
常務取締役   木村 隆司
取締役     田中 真司
監査役     林  奈月
従業員 70名(パート社員を含む)
主要仕入先 板紙メーカー、接着剤メーカーおよび関連商社
主要販売先 フィルムメーカー
フィルムスリッター
フィルムコンバーター
建装材メーカー
農業資材メーカー
グループ企業 田中紙管株式会社
関東紙管株式会社
■経営ビジョン
1優良紙管の安定供給

長い歴史の中で培ってきた紙管の製造に対する知識、経験、技術、情熱を最大限に発揮し、優良紙管の安定供給に努めます。

2生産性と採算性の維持・向上

お客様に喜んでいただけるサービスを安定的に提供し続けるために、生産性の維持・向上と財務基盤の安定に努めます。

3社員の働き甲斐の実現

社員あっての大三紙化工業、社員あってのお客様であることを常に忘れず、社員が長く楽しく働ける職場作りに努めます。

■設 備
敷地面積 12,001.34㎡
建築面積 5,982.89㎡
主要設備 糊自動攪拌機
紙管乾燥機
湿度管理倉庫
主要機械 ボビンカッター
製筒機(全自動)
製筒機(半自動)
オートトリマー
NC切断機
口金圧着機
■沿 革
大正6年 山田太助氏が越谷市大里において紙管製造を始める
昭和22年8月 山田紙器株式会社を設立
昭和42年 4月 株式会社GSIクレオス(旧グンゼ産業株式会社)の
全額出資により、資本金100万円をもって大三紙化
工業株式会社を設立、山田紙器株式会社の資産と
従業員を引き継いで紙管製造を開始。
昭和48年5月 第二工場建屋を増設
昭和49年10月 第三工場建屋を増設
昭和51年4月 第四工場建屋を増設
昭和53年 7月 資本金を5,000万円に増資
平成15年10月 ISO9001 認証取得
平成29年8月 埼玉県越谷市から埼玉県杉戸町に移転
平成30年12月 標準紙管の製造販売を開始
令和3年7月 田中紙管株式会社が株式会社GSIクレオスから株式の85%を取得